オーストラリアのベテランFW ケイヒルは死んではいなかった

日本キラーの大ベテラン、T・ケーヒルがまさかシリアとのプレーオフ最終戦で2点を決めるなんて思ってもみませんでした.
彼はもう引退間近だろうと思っていたからです。ところが彼はまだ死んでないどころかまだまだやるきまんまんのように見えました。
この試合は延長戦までもつれ込んだのですが彼は何と試合開始から延長終了までピッチに立ち続けていたのですから驚くしかありません。
あそこまで監督に信頼されて結果を残せたのですから喜びもひとしおでしょう。
最終ステージの大陸間プレーオフがあと2試合も残ってますが、おそらく相手はパナマになるでしょう。
パナマが相手ならオーストラリアにも10分勝つチャンスがあると思います。
シリアに勝ってロシアが見えてきたオーストラリアですが、ヒーローになったケーヒルが本大会に行けるかどうかは監督次第でしょう。
なぜなら予選終了後には今の監督の首が飛ぶかもしれないからです。はたして先日から必死に監督のフォローに勤めていたケイヒルの努力は報われるのでしょうか?葉酸 サプリ 期間