一目惚れで購入したお買い得な黒の本皮コート

私はおしゃれをして出かけるのが大好きです。
特に、寒い時期は服を重ね、小物を合わせてコーディネートし、買い物に出かけるのが好きです。
先日も洋服を買いに、セール期間中のショッピングセンターへ行ってきました。

メンズファッション専門店が軒を連ねるフロアで、お店を順番に見て回りながら、私の好みの服を探し回りました。
すると、ある店の店頭で、黒の本皮コートを着せたマネキンが目に停まりました。
私は店員にその皮コートが気になることを伝え、試着させてもらいました。
袖を通し、鏡の前に立つと、一枚皮のすっきりしたシルエットで、とてもスタイル良く見えます。
コートの袖に取り付けられたプライスタグを見ると、予想を遥かに上回る大幅プライスダウンがされていました。

私はこんなお宝手放すものかと、すぐにレジへ向い、このコートを購入しました。
なんだかとても得をした気分です。
このコートを着て出掛ける日が、今から楽しみでなりません。キレイモ 分割

仮想現実に住むあの人たちと、私たちの存在が同じだったら。

この世界が仮想現実なんてありえるのか。
それが本当なら、ゲームの世界の彼らも私たちと同じように、向こうの世界で生きているということになる。
仮想現実の中の仮想現実か。
FF7ではキャラクターを使用してミニゲームで遊ぶコーナーがあるが、あれは私たちがゲームしている姿を客観的に見ているようなものなのか。
私たちもゲームオーバーして生き返れる可能性があるということなのか。デジャブはリトライする前のデータなのだろうか。
私をプレイしているプレイヤーがいるのか。はたまたプログラムされた動きをしているだけなのか。
ゲーム内のキャラクターが私の存在に気付く可能性も0じゃないのだろうか。
今のところゲームからキャラクターが出てきた事例はないと思うが、もし同じような存在なら、仮想現実を移動して会える日が来るのだろうか。
ゲームが進化し続ければ、ゲーム内のキャラクターも頭が良くなっていくはずだ。いつか人間とキャラクターのコラボレーションを見てみたいものだ。高麗美人 効果