民間療法の素敵さと現代社会の薬害の恐ろしさ

教の晩御飯は玄米ご飯にブナピーとサツマイモのお味噌汁、しめ鯖、生姜の佃煮、蒟蒻とわかめとサツマイモの素焼き、お味噌汁には表面が赤紫色の三浦大根をすって入れました。今風邪をひいていてたまの咳き込みがひどいので、ネットで調べたら大根がいいとのことでしたので、ぼーっとしながら大根をすりました。咳き込みがひどくなるのは朝と夜です。お布団に横になると何故か止らなくなってきます。一度眠れても夜中の一時くらいには咳で目が覚めたりしてしまいます。そんな中真夜中のスマホもいけませんが、咳に効く良い方法がないか調べていると、枕元に玉ねぎがいいと書いてあるのを見つけました。クックパッドだったと思います。早速お布団から抜け出て玉ねぎの皮を剥いて、上下の端を切り、立て半分に割って、器にのせ枕元に置いてみました。そうしたらなんだか本当にいいようでした。テキメンとまでは私の場合いきませんでしたが、安心する香りで、いつの間にか寝ていたようです。この玉ねぎは香りが弱くなったらまた切り込みを入れるなどすれば、香りが出てきます。咳き込み以外にも不眠にもいいようです。ニンニクを枕元に置くのも不眠に効果的と効いたことがあり、知り合いに勧めた覚えもありますので、すぐに納得がいきました。科学的な検証がなされなくとも、実体験として効くものはそれだけでいいと思っています。
薬がなかった時代は、食べ物そのものが薬として力を発揮していたでしょうし、今は多食のために病気になる人が増えていますから、それを食べ物で以て治すのには限界があるのかもしれません。冷えやストレスといった現代環境が病気を生んでいますが、薬だったはずの食べ物でさえ輸入食品が増えたりして日本人の体質に合わない物を私たちは摂取し始め、それらが蓄積された結果冷え冷えな社会になってしまっているような気がしてなりません。「薬だったはずの食べ物」今でいう「薬」は主に「西洋薬」のことですが、薬害から抜け出せない患者も沢山います。病院に何年も通っているのに治らないのは当たり前とも言えるような気がします。薬は確かに突発的に助けてくれるものではあるでしょうし、治る人もいるでしょう。しかし、何年も服用し続け全くよくならないどころか、具合が悪くなる一方か別な症状まで訴える患者が多いです。それらは既に薬害によるものです。人間の自然治癒力を信じながら、その人その人の体質に合った治療を施していかなければ、西洋医学の対処療法による「人を診ないで症状を診る」方法では、医学の限界を感じるばかりでしょう。

夏から秋にかけて旬の時期を迎える「なた豆」

夏から秋にかけて、「なた豆」が旬を迎えます。
なた豆とは、マメ科ナタマメ属に分類される植物の実で、主な原産地は東南アジアやアフリカの熱帯地域と言われています。
その地域では、食用としてのみならず、薬用としても栽培されているそうです。
日本には江戸時代の初め頃に渡来し、九州地方の薩摩で栽培が盛んになり、今でも鹿児島県産のなた豆は有名です。

日本におけるなた豆の収穫時期は、夏から秋にかけてです。
なた豆でも「若さや」と呼ばれる未成熟豆は、8月から10月上旬に収穫時期を迎え、成熟豆は10月中旬頃から11月にかけて収穫されます。
なた豆の発芽の適温は、20〜30度と比較的高めであるために、日本では西日本で作られています。

なた豆には、酵素の一種である「ウレアーゼ」や「コンカナバリンA」という成分が豊富に含まれており、腎機能を高める働きを期待できます。
腎臓は、血液を濾過して、血中の老廃物や塩分を尿として体外へ排出する重要な器官です。
ウレアーゼには、体内の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する作用があり、コンカナバリンAには、腎臓の濾過機能を向上させる作用があるため、なた豆を摂取することで毒素を体外に排出し易くなります。

その他にもなた豆には、血液中の余分なコレステロールを抑制させる作用があるので、高血圧症や動脈硬化の予防にも効果的でしょう。http://www.rvmble.co/murisoku.html

一日200円稼ぐという目標は達成できてきています。

携帯代や、その他のお金が稼げるようにできるだけ一日200円稼ぐのが目標なのですが、今の所いい感じで稼げています。
あまりお金に固執しすぎたくないのですが、欲しいものがあると頑張れますね。
旦那さんに買ってもらえばいいのかもしれませんが、ただでさえ生活費だったりをもらっているのにこれ以上あれが欲しいとかこれが欲しいっていうのはなんとなくしのびなくて。
なので、できるだけ自分のものは自分で買えるように頑張って稼ごうと思います。
今のところなんとか800円稼げているので、ちゃんと一日200円のノルマはクリアしています。
もしできるのならば、一日200円から一日300円に引き上げて、月9000円くらい稼げたらいいところなのですが、さすがにそれは厳しいのかもしれません。
高額に稼げる仕事があればいいのですが、家でフリーでできるお仕事となると、限られてくるので、あまり目標金額をあげても仕方ないですしね。
これくらいで緩くやるのがいいのかもしれません。

オーストラリアのベテランFW ケイヒルは死んではいなかった

日本キラーの大ベテラン、T・ケーヒルがまさかシリアとのプレーオフ最終戦で2点を決めるなんて思ってもみませんでした.
彼はもう引退間近だろうと思っていたからです。ところが彼はまだ死んでないどころかまだまだやるきまんまんのように見えました。
この試合は延長戦までもつれ込んだのですが彼は何と試合開始から延長終了までピッチに立ち続けていたのですから驚くしかありません。
あそこまで監督に信頼されて結果を残せたのですから喜びもひとしおでしょう。
最終ステージの大陸間プレーオフがあと2試合も残ってますが、おそらく相手はパナマになるでしょう。
パナマが相手ならオーストラリアにも10分勝つチャンスがあると思います。
シリアに勝ってロシアが見えてきたオーストラリアですが、ヒーローになったケーヒルが本大会に行けるかどうかは監督次第でしょう。
なぜなら予選終了後には今の監督の首が飛ぶかもしれないからです。はたして先日から必死に監督のフォローに勤めていたケイヒルの努力は報われるのでしょうか?葉酸 サプリ 期間

ロシアのザギトワ選手への頑張ったご褒美。

女子フィギュアスケート、平昌オリンピックで優勝を果たしたのはロシアの15歳、アリーナ・ザギトワ選手でした。彼女は5歳の頃からスケートを始め、12歳のころからモスクワで練習しています。モスクワから1000キロほど離れたイジェフスク出身なので両親と兄弟と離れて祖母と2人でモスクワに移り住んだそうなのです。小さくてもスケートに懸ける思いがあったからこそ家族と離れても頑張れたのでしょう。
そして、今回オリンピックで金メダルをとったことで彼女が「ご褒美に秋田犬」をということが話題となっています。お母様が「いい演技をしたら考える」と言っていたそうで本当に金メダルをとってしまったのでご褒美を上げざるを得ない状況ですね。ザギトワ選手は日本の15歳の容姿と比べてとても大人っぽいのですが、中身はやはり15歳で、何とも微笑ましいエピソードです。日本食も大好きだそうなので、何かと日本と縁のある選手なのかもしれません。ハイジニーナ ミュゼ

会社の後輩へのお誕生日プレゼントを探しました

うちの会社で、同じ部署の若い女の子が、私のお誕生日の日に、プレゼントをくれたのですが、
その子も、その1ヶ月後にお誕生日を迎えていたことを知り、急いでプレゼントを探しに行きました。
まだ、一緒に働いて日が浅く、飲みに行ったこともない仲だったので、何がいいかかなり迷いました。
ただ、わかるのは、ほんわかしたものが好き。キティーちゃんが好き。ということ。
と言っても、いい大人なので、キティーちゃんをいきなりあげるのもなんだか違うかな?と思い、
とりあえず、お店を回ってみる事にしました。
ハンドクリームなんかがいいかな?と見てみると、7千円?なものが多く、これはちと高すぎる!と断念をし、次のお店に行くと、ハンドソープみたいな石鹸がグラム単位で売られていたので、これだ!と思い、バニラの香りで保湿成分の多いものを選びました。
可愛いラッピングで、その子のイメージにバッチリでした!
渡して見たら、ここのブランドが好きらしく、大喜びしてくれました。
頑張って悩んでよかったです!全身脱毛 価格

しっかりと保湿してあげないといけませんからね

赤ちゃんのお風呂上がりに使ってる高い保湿クリームがなくなりました…
凄く肌触りよかったんだけど1カ月過ぎたから安めのでも塗れればいいか(笑)
使ってたのは懸賞で当たったやつだったんだけど長く使えて助かったなぁ〜
おかげでお肌はつるりんこになりましたよ!
安くていいベビーオイルないかな?と思ってググってたらなんとカインズのオリジナルがいい感じらしく買ってきました♪
容量たっぷりで安くて見た目もシンプルでよさげ!
とりあえず1本買ってきて早速お風呂上がりに使用!
伸びがよくて暴れてもササッと塗ることが出来ました☆
少しだけテカってる気がするけど大丈夫でしょう〜
それにしても暴れっぷり凄いよね(笑)
お風呂入ってるときは物凄く大人しいのになぁ…

これから出てくる消耗品はなるべく安いのを買おうかな〜
少しでも節約していかないとね!
男の子だから大きくなったら食費とか凄くかかりそうだし次の子に向けての貯金も今からしておかないとね☆

最近、たばこの本数が増えてきたので、考えました。

私は、最近、たばこが増えてきました。
健康のためにというか、節約にベクトルを曲げてみました。
たばこを吸うにしても、3/1は捨てています。
この捨ててしなう部分を何とか生かせないかと考えました。
素直に、1本を2本という事にしてしまえば、数が増えても、
節約につながります。
たばこに火をつけたら、大体、5回吸って、ハサミで火の
ついている部分をカットします。
その吸った物をしけもく専用の箱にいてます。
その箱にたる程度の量になったら、たばこは持たずに
2回目のたばこを吸うという事です。
しけもくを残して、つまようじで吸う事は、皆さんやって
いると思いますが、その先をハサミで切ってしまうのが、
ポイントです。
自宅でのたばこなら、焦げた部分を残しておけばよいの
ですが、外出先で残そうと思ったら、2回目様の物
は、焼けていて、戻す事はできないので、ハサミを
持ち歩き、カットしてたばこの箱にリバースします。
やっている事は、大した事はありませんが、たばこの
料金はかなり節約できると思います。
まだ、やり始めたばかりですが、手ごたえは感じています。

なるほど、これが育児の魅力ですね、分かります。

世間は連休に入るらしい。
いいじゃないの、休めばいいじゃないの。

我が家は夫が仕事だろう、連休は無いだろう。
となれば、子供たちの相手は私…か…。
「ママ、ローラースケートやろう!…家で」
「ママ、お腹すいた」
「ママ、喉乾いた」
ママママママママ?!!!
1回私を呼ぶことに10円徴収したら幾ら貯まるかな。

ところで。
先日の娘の誕生日、プレゼントにローラースケートを買いました。
どうしても欲しかったそうな。
まだ肌寒い、道路が滑らかじゃないから危険。
という何とも身勝手な理由で、彼女は家で滑り始めました。
傷つく床。
そりゃそーだ。
注意しても注意してもやめない反抗期真っ盛りな娘。

育児は難しい。

長女が幼少の頃、ちょっと目を離した隙に、コップでトイレの水をすくって遊んでいて阿鼻叫喚。
次女は床にクレヨンでお絵かき。
たまにお醤油も床に混ぜ混ぜ。
子供あるあるですな。

育児は予想外の連発で、昔はオロオロしたものです。
今は前よりもどっしり構えられるようになりました。
「あれだめ」「これだめ」から「好きにしなさい」に私の口癖が変わりました。

自分で判断すること、その中で学ぶこと。

強くたくましくなれ、子供たち。

一方わたしは
「ちょっとー、背中と腰に湿布貼って?」と、今日も身体の悲鳴と向き合うのであります。

風の吹き顧客と場衡風の場所について勉強した

風の音などについて勉強しました。回転している円板上で運動する物体の動きを円板上で円板とともに回転しながら見ると、物体にはそのプロセス道筋を曲げようと講じる技術がはたらいているように見える。こういう力を転向技術(またはコリオリの技術)といいます。地球上では、物体や風の通り路が記録されます。風の吹き人間は、基本的に気圧傾度技術と転向技術およびエアと地表のタームのスレ力で決まります。転向技術は北半球では物体のプロセス道筋に直角右向きに、南半球では直角左向きに行ないます。転向技術のがたいは赤道では0で高緯度ほどものすごく、また物体のテンポが大きいほど大きくなります。地上から約1kmより高いところでは、エアと地表のタームのスレの作用がありません。そういった上空での風の吹き人間は、気圧傾度技術と転向技術の2つの力で決まります。すなわち、低圧部へ向かって動く気圧傾度技術と、北半球では風の音に対して直角右向きに、動く転向技術とがつり合った状態で、風の音は等圧線に平行に吹く。このような風の音を先衡風といいます。相当勉強になりました。